マリッジブルー 症状


マリッジブルー 症状

婚約や結婚式の前にブルーになる人が、意外と多く日本では見受けられます。「ウェディングブルー」「エンゲージブルー」などとも言われますが、恐らく従来は結婚に対する常識に縛られるケースが多かったからではないでしょうか!?結婚とは一生に1度だけするもの!結婚するまではキスはダメ!とか、伝えられてきたものが結婚の定義となっていました。どうでしょう?最近は結婚して、合わなかったら離婚すればいいや!とか、シングルマザーが流行って?しまった時もありました。また、反面で結婚において、失敗したくないから同棲してみるとか、エッチも相性としては大切なので恋愛時もしくは、付き合いたいかな?なんて思う人を計るためにする人もいる。ただ、どれだけ石橋を自分なりに叩いてもいざ、結婚前になると、掃除、洗濯、料理、育児、ましてや相手の身の回りまでしなければならない結婚生活に不安になるのだろう。今までが自分中心にまわる生活なので一言で言うと【楽】なところから、【しんどい】【つらい】【めんどくさい】気持ちが、頭の中をグルグル回り始めるのだろう。
既婚者の多くが、結婚式の準備をしたときにマリッジブルーの症状を実感したと言うかもしれない。出席者や来賓の席次などは、両家でもめるケースが多いですしね。あと、彼がまったく結婚式の準備を手伝ってくれないとか喧嘩をするのが、ごく一般的に起きる症状です。




マリッジブルー 接し方


マリッジブルー 接し方

これは経験上も多くの話の上でも、マリッジブルーに陥ったときは、話し合い、コミュニケーションの時間を取ることが大切です。内容にもよりますが、新生活の場所による問題なのか、それとも相手の癖など目に余る行為があるのかによって対処は変わりますが、話し合いは今後、絶対に必要です。ただ、注文を押し付けるだけではダメです。一緒に解決する協同作業の始まりです。昔のように、女性の仕事は家事で男性の仕事は会社に行くこと!と固執した考えは良くないと思います。基本的に女性は温かい家庭には必要で、家庭を守るという意味で男性は必要ですから、ここは先に生きた緒先輩方を見習うべきですね!生まれも育ちも違う赤の他人の2人が、ただ同居するのではなく、愛し合って1つ屋根の下に住むわけですから、分担は必要でも協同作業なのです。お互いが、自分の主張をする前に、相手が喜ぶことを考えてあげると、いい相乗効果が得られると思います。もちろん、いいことばかりではないので、浮気や金銭的なことなど隠し事がある人とはたぶんマリッジブルーの症状は正しい症状なので、違う決断(婚約破棄や婚約解消)を考えた方がいいでしょうね。信用・信頼の上で価値観が違うと思いますから〜すべて個人的な見解ですが〜。


マリッジブルーと芸能人



マリッジブルーに陥った芸能人をちょこちょこ見ますね。神田うのさんは迷いが手に取るように見えましたよね。あの夫婦の場合は恐らく、価値観で成り立っているように見えます。結婚=家庭を築くという方程式ではないのでしょう。現状のセレブな生活スタイルを崩さない、もしくはパワーアップすること。名声のある相手であること。一般的に同じ家にいることを、神田うのさんは嫌がっていましたよね。結婚とはなんなのか?相手が躓いたら手を差し伸べるのでしょうか?結婚ではないと言う名の新たな形が成り立っているのかもしれない。
また、お笑い芸人の陣内智則さんと女優?藤原紀香さんの間でもマリッジブルーがあったそうですね。結婚前にプライベートなことを陣内さんが喋ったことに紀香さんが憤慨したことで円形脱毛症になったそうです。結局は陣内さんの不倫・浮気が原因で離婚しましたけど、いい意味で結婚失敗の例ですよね。スパッと離婚届を出して、未来系で自分のことを考えて出直しのもいいですが、大金使い、電波と多くの来賓とお祝儀を戴いたわけで、その責任を受け止めているようには思いませんでした。貧困の国に行って、何をされているのでしょうか?プライベートのことを口外されて、嫌だったのに占い師を通して相手の悪口を言っているのは非常に??でした。ちょっと予断でした・・・。結婚とは、恋愛ではないんですよね。受ける責任が大きな分、ちゃんと確かめてから結婚しなければならないと言うことがこれで、わかりますね。もちろん、浮気はダメダメ!相手をお互いが思いやって動くこと!行動・言葉にすればこう言うことでしょう。


うの式幸せのつくり方


続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。